×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高齢者に適した体操とは

高齢者の為の体操は、無理せず楽しく自分に合った高齢者体操を選ぶのが良いでしょう。体調次第で、高齢者の日々の暮らしは明るくなります。高齢者の老年期の孤独は健康にとっても大敵です。高齢者向けの体操をして明るいゆとりのある仲間と、心地よい運動を楽しみましょう。老化防止には3Bが一番です。
高齢者向けの体操には、3体操があります。高齢者体操・3B体操とは、ベル・ボール・ベルターの用具を運動の補助として使用しながら、全ての高齢者の動きに合わせて集団で楽しく行う高齢者健康体操です。この高齢者体操・3Bをやることで、毎日が明るくなったと言う高齢者の方々が増えました。
高齢者体操3Bは1・高齢者の若さを維持していく為のストレッチ、2・高齢者体操によて生活習慣病を予防し高齢者の大切な全身持久力を高める、3・高齢者体操によって基礎体力を維持するための筋力運動、高齢者の心身をリラックスさせる遊びの運動など様々です。
これらの高齢者体操を組み合わせて高齢者の年齢や体力、に合わせてアレンジをしていきます。例えばボール運動の効果として、高齢者に無理の無い弾みや丸味、転がりを利用して、高齢者の脊髄に刺激を与え、高齢者の内臓を強化していきます。

高齢者の為の3B体操とは

高齢者体操を組み合わせて、高齢者の年齢や体力に合わせてアレンジをしていきます。例えばボール運動の効果として、高齢者に無理の無い弾みや丸味、転がりを利用して、高齢者の脊髄に刺激を与え、高齢者の内臓を強化していきます。
ボールの重さを利用したり、ボールの動きを目で追う事で、高齢者の反射神経や視神経、運動神経を刺激して、高齢者のバランス感覚を養っていきます。次にベル運動というものがあります。クッションのようなものを利用した運動効果です。
ベルという物を持って、空間運動をすることで、呼吸運動や高齢者の筋肉運動を行い、高齢者体操を利用して失われた機能を回復。ひずみの無い高齢者の全身運動をします。次にベルターという物を使った高齢者体操です。この高齢者体操は、
高齢者の筋肉の柔軟性に合わせたベルターの適度な伸縮を利用し、高齢者の関節の可動域を広げて、高齢者の全身を鍛えます。これら3つ揃って、高齢者3B体操と言い、多くの高齢者体操の中で、もっとも親しまれています。
高齢者に適しているので、様々な高齢者の方々に指示されています。

高齢者体操でやり易いもの

高齢者体操の一つとして、リハビリに付随した高齢者体操などもあります。高齢者の皆さんでやる体操に、マンネリを感じておられる高齢者の方もいらっしゃるかと思います。例えば歌体操などはどうでしょうか。
高齢者体操と、高齢者が誰でも知っている歌を組み合わせた体操です。高齢者でも出来るような体操を覚えて、大きな紙に描いて貼るとか、体操をビデオに撮ってテレビで流しながら行うなどです。
一般的な高齢者体操では、NHKのテレビ体操が良いと思います。NHKの体操は座った方の為にも作られてます。高齢者体操としてビデオに撮ってながすのもいいでしょう。また、新しいものをやることも刺激があって、高齢者体操としては良いのですが、
同じ高齢者体操を繰り返しやることも大切です。高齢者の方は特に新しいことを覚える場合、大変だと思われる高齢者の方もいるでしょう。ですので日々の行動が決まっ手いる高齢者の方には良いですよね。
だから、高齢者の方は毎回決まった高齢者体操+オリジナル体操をやると良いかもしれません。

Copyright © 2007 高齢者の体操〜3B体操〜